2020年9月号

 

蔵書点検のため、休館します

蔵書点検のため、次の期間休館します。

図書館名
休館期間
袋井図書館9月11日(金曜日)から9月17日(木曜日)まで
月見分室
9月8日(火曜日)から9月11日(金曜日)まで

本や雑誌は返却ポストへ、CD、DVDは開館してから返却してください。
浅羽図書館は通常通り開館しています。
ご不便をおかけしますが、ご理解ご協力をお願いします。
 

市内図書館に図書消毒機が入りました

新型コロナウイルス感染症対策の一環として、袋井図書館、浅羽図書館、月見の里学遊館分室に、1台ずつ図書消毒機を設置しました。
一度に6冊の本を、30秒で殺菌・消毒することが可能です。
どうぞご利用ください。

 消毒機でできること
1 紫外線による殺菌、消毒を行います。
2 本の下からファンで風を送り、ページの間に挟まったゴミなどを除去します。
3 消毒抗菌剤により、臭いを軽減します。

 消毒機の使い方
1 本の中央を開いて、固定バーにはさみます。
2 ドア上部の右側にあるスタートボタンを押します。
3 照明が消えたら終了です。

※ CD、DVDは入れられません。
 

図書館利用者の皆さまへお願い

(1)マスクの着用をお願いします。
(2)長時間館内に滞在されないようお願いします。。
(3)入館時にはせっけんでの手洗い又は消毒液での手指消毒をお願いします。
(4)体調不良の方は、来館しないようお願いします。
(5)社会的距離の確保をお願いします。

※今後状況により変更となる場合があります。
 

袋井図書館休館日の変更について

休館の予定でした10月10日(土曜日)、11日(日曜日)は、通常通り開館します。
どうぞご利用ください。
 

袋井図書館は、開館50周年を迎えました

袋井市立図書館は、現在、袋井図書館、月見の里学遊館図書館分室、浅羽図書館の2館1分室で運営しています。
その中で一番歴史がある袋井図書館は、昭和45年4月に袋井市高尾(掛之上)にあった旧袋井町役場を改装して開館しました。本年度開館50周年を迎えたことから、記念イベントを開催します。


1 青空図書館

袋井図書館に隣接する高尾町公園を会場に開催します。

日時
令和2年10月10日(土曜日) 午前10時から午後3時
雨天の場合は中止
場所
高尾町公園
内容
青空カフェ、絵本の読み聞かせ、工作コーナー、古本交換会

2 記念講演会

日時
令和2年11月14日(土曜日) 午後1時30分から
講師
鈴木 光司さん(小説家) 
場所
メロープラザ多機能ホール

〒437-1102 静岡県袋井市浅名1027
TEL:0538-30-4555
定員
100名 

3 記念グッズ(図書貸出袋)の配付


※詳細は、図書館ホームページ、館内掲載ポスター、ちらし等でお知らせします。

※1、2は、新型コロナウイルス感染拡大状況により、中止になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 

新着本からピックアップ!

どの図書館でも借りられます。但し、取り寄せとなる場合があります。

一般書

  • 『いま、子どもの本が売れる理由』 飯田 一史/著
  • 『令和の「代替わり」』 吉原 康和/著
  • 『考えるナメクジ』 松尾 亮太/著
  • 『あたたかい暮らしのヒミツ』 旭化成建材快適空間研究所/著
  • 『お昼ごはんのめんレシピ!』 きじま りゅうた/著
  • 『欲が出ました』ヨシタケ シンスケ/著
  • 『ソロモン諸島でビブリオバトル』 益井 博史/著
  • 『おとめ六法』 上谷 さくら/著
  • 『捜査一課式防犯BOOK』 佐々木 成三/著
  • 『シニアのための防災手帖』 三平 洵/監修
  • 『世界一美しいメダカの育て方』 戸松 具視/監修

児童書

  • 『知ってる?偉人たちのこんな名言 戦国武将編』 河合 敦/著
  • 『熊本城復活大作戦』 佐和 みずえ/著
  • 『世界すご!ペディア』 「世界すご!ペディア」編集委員会/編
  • 『みんなが知りたい!世界の「絶滅危惧」動物がわかる本』 今泉 忠明/監修
  • 『チョウのそだち方』 かとう けいこ/著
  • 『わたしたちのカメムシずかん』 鈴木 海花/文 はた こうしろう/絵
  • 『さがす』 長倉 洋海/著
  • 『琉球・沖縄』 上里 隆史/監修
  • 『「さみしさ」の力』 榎本 博明/著
 

おうちでよみたいおすすめえほん

『もりのえほん』(安野 光雅/絵 福音館書店/刊)

「かくれんぼ」は好き?
それでは、森のおくへでかけましょう。まわりはみどりの木々でいっぱいです! でもよく見ると、たくさんの動物たちがかくれていますよ。みんな見つけられるかな? ウサギにリスにトラにカバ。アライグマにサソリもいますよ。表紙も含めてかくれている動物は全部で100匹以上にもなります。
お家で過ごす時間に、家族みんなで探してみませんか? 文字のない絵本で、4歳ぐらいから楽しめる1冊です。
 

小学3年生からのおすすめ本 この本、よんでみーよぅ!

『長くつ下のピッピ』(アストリッド・リンドグレーン/作 岩波書店/刊)

ある日、町はずれの「ごたごた荘」に一人の女の子がやってきました。9才の女の子、名前はピッピ。赤毛のツインテールにそばかすだらけの顔、そして長くつ下を履いています。その隣に住むトミーとアニカ兄妹は、退屈な日々に飽き飽きしていました。そんな中、2人はピッピと出会い、すぐさま意気投合し、大の仲良しに。その日から、ピッピとトミーとアニカ、3人の楽しい冒険の日々が始まります。
世界一強い少女ピッピの自由と正義に満ちた物語に、大人も子供も夢中になれます。他に2冊シリーズあり。
 

図書館員おすすめの1冊

『濡れた太陽 高校演劇の話 上・下』(前田 司郎/著 朝日新聞出版/刊)

地区大会を目指す高校演劇部の話。青春の恥ずかしさ、演劇をする恥ずかしさ、根拠のない自信、過剰な自意識などを抱えてグルグルする彼らの姿が面白く、いとおしいです。登場人物達の気持ちがとてもこまかくリアルに書き込まれていて、遠い昔自分が高校生だった頃のモヤモヤした感じを懐かしく思い出しました。作中に出てくる太陽の戯曲『犬は去ぬ』は作者が高校一年生の時実際に書いたものだそうです。私的にはその中に出てくる“小踊り”がかなりツボでした。(S)
 

本の展示コーナー

袋井図書館

一般書「年中行事の本」
児童書「たのしい秋、みーつけた!」
ティーンズ「進路・仕事・夢に向かって!」

浅羽図書館

一般書「学ぶ・奏でる 楽器の本」
児童書「月・星・夜の本」
ティーンズ「考えてみよう! 愛のこと」

月見の里学遊館図書館分室

一般書「ハーブ&アロマ」
ティーンズ
「地球環境の未来と環境」