2018年10月号

 

「ホッと一息 本と一息」

10月27日(土)~11月9日(金)は読書週間です。

「読書週間」は、終戦の2年後の1947(昭和22)年、まだ戦争の傷跡が日本中のあちこちに残っている時期、「読書の力によって、平和な文化国家を創ろう」と、出版社・取次会社・書店と図書館が力を合わせ、新聞・放送のマスコミ機関の協力のもと第1回が開かれました。この運動が反響を呼び、その翌年、10月27日~11月9日(文化の日を中心にした2週間)に期間が定められ、全国に拡がりました。「読書週間」は今年で72回目となります。

また、10月27日(土)は「文字・活字文化の日」に制定されています。

この機会に、本を読んでみませんか?

 

蔵書点検のお礼

9月の蔵書点検にご協力いただき、ありがとうございました。

 

袋井図書館休館のお知らせ

10月13・14・15日は休館となります。

ご理解とご協力をお願いします。

 

平成30年度 袋井図書館 オンラインデータベース活用講座開催!

袋井市立図書館で御利用いただけるデータベースの講座を開きます。詳しくは館内配布チラシをご覧ください。

  1. 法情報
  2. 新聞記事
日時
  1. 11月24日(土曜日) 午後1時30分から午後3時30分
  2. 11月30日(金曜日) 午後1時30分から午後2時30分
場所
  1. 袋井図書館2階視聴覚室
  2. 袋井図書館ITコーナー
リンク
 

浅羽図書館からお知らせ

浅羽図書館は今年も袋井市ふれあい夢市場に参加します。

※当日、図書館駐車場の半分を「ふれあい夢市場」の障がい者用駐車場として使用します。ご理解とご協力をお願いいたします。

日時平成30年11月11(日曜日) 午前9時30分から
イベント「本のリサイクル市」
「おりがみで手作りお守りをつくろう!」
 

来年度受入希望雑誌アンケート

図書館に入れてほしい雑誌(誌名・分野)がありましたら館内設置または図書館だよりの<アンケート用紙>にご記入いただき、図書館受付にある「アンケート回収箱」に入れてください。

なお、図書館で必ず購入することをお約束するものではありません。今後の参考とさせていただくものですので、ご了承ください。

<締切:平成30年10月31日(水)>

 

おうちでよみたいおすすめえほん

『ペレのあたらしいふく』(エルサ・ベスコフ/さく・え おのでら ゆりこ/やく 福音館書店/刊)

ペレは子羊を一匹持っていました。ペレが世話をした子羊は大きく育ち、ペレも大きくなりました。子羊の毛は長く伸びましたが、ペレの上着は短くなるばかり。ある日、ペレは子羊の毛をかりとって、おばちゃんのところへ持って行き、お手伝いをするかわりに、子羊の毛をすいてもらいました。次はすいてもらった毛を持って、もうひとりのおばあちゃんのところへ。

まわりの大人の手を借りながら服を仕立てていく様子が、素朴でやさしい絵と文で描かれています。自分も働くことでできあがった服に、ペレと一緒に子どもたちも満足します。(5歳くらいから)

 

小学3年生からのおすすめ本 この本、読んでみーよぉ!

『ムーミン童話全集① ムーミン谷の彗星』(トーベ・ヤンソン/作 講談社/刊)

赤く長い尾を光らせた彗星が、地球に向かって近づいてきました!ムーミン谷は、大さわぎになりました。ムーミンは、友だちのスニフと一緒に、遠くの天文台まで彗星を調べるため、出かけることにました。その冒険の途中に、スナフキンを始めとした素敵な仲間と出会います。そして、ようやく着いた天文台で知った、彗星とは…?

全8巻と別冊2冊で完結しています。フィンランドで最初の作品が刊行されたのが、1945年です。それから70年以上、世界中の人々に長く愛されているお話です。

 

図書館職員おすすめの1冊

『世界史の極意』(佐藤 優/著 NHK出版/刊)

著者は元外交官。それがなんで歴史なの?とは思ったけど、読み出したら止められない。こまかい年代を覚えるのではなく歴史と経済、政治が一体となっていることがわかる。歴史というものが別に独立して存在するわけではなく、政治経済、更には我々の生活にまで影響していることがわかりました。

もしあなたがこの本を読んだら眼からこけらが落ちる思いをされることでしょう。私にとってすばらしい本となりました。(S)

 

本の展示コーナー

袋井図書館

一般書「知っていますか?『ロシア』―2018・日本におけるロシア年」
児童書「おはなし会でよんだほん」
多文化「RWC特集Part.9 アルゼンチン」

浅羽図書館

一般書「読んで知ろう!2人に1人がかかるガン」
児童書「おいしいものの本」

月見の里学遊館図書館分室

一般書「パーティ・お持ち寄り料理の本」
児童書「昔話を楽しもう」
 

新着本からピックアップ!

どの図書館でも借りられます。但し、取り寄せとなる場合があります。

一般書

  • 『図解身近にあふれる「心理学」が3時間でわかる本』 内藤 誼人/著 明日香出版社 (140.4 ナ)
  • 『「不安」は悪いことじゃない』 島薗 進/著 イースト・プレス (141.6 シ)
  • 『ぼくたちは習慣で、できている。』 佐々木 典士/著 ワニブックス (159 サ)
  • 『キーワードで読み解く地方創生』 みずほ総合研究所/編 岩波書店 (318.6 キ)
  • 『うちの子、安全だいじょうぶ? 』 宮田 美恵子/著 新読書社 (368.6 ミ)
  • 『地理女子が教えるご当地グルメの地理学』 尾形 希莉子/著 ベレ出版 (383.8 オ)
  • 『北欧式眠くならない数学の本』 クリスティン・ダール/著 三省堂 (410 ダ)
  • 『ムセはじめたら、「1分のどトレ」』 藤谷 順子/著 世界文化社 (491.3 フ)
  • 『ネット依存・ゲーム依存がよくわかる本』 樋口 進/監修 講談社 (493.7 ネ)
  • 『文房具の解剖図鑑』 ヨシムラ マリ/著 エクスナレッジ (589.7 ヨ)
  • 『定年ごはん』 山田 玲子/著 大和書房 (596 ヤ)
  • 『ゼロから分かる!日本茶の楽しみ方』 ブレケル・オスカル/著 世界文化社 (596.7 ブ)
  • 『よくわかるウサギの健康と病気』 大野 瑞絵/著 誠文堂新光社 (645.8 オ)
  • 『日本の地理・歴史・文化を英語で表現する』 伊東 卓也/著 ナツメ社 (830 イ)
  • 『つる花の結び 上』 [紫式部/著] 理論社 (913.3 ム 1)
  • 『ガルヴェイアスの犬』 ジョゼ・ルイス・ペイショット/著 新潮社 (969.3 ペ)

児童書

  • 『世界を変えた100人の女の子の物語』 エレナ・ファヴィッリ/文 河出書房新社 (280 フ)
  • 『生きものとつながる石ころ探検』 盛口 満/文・絵 少年写真新聞社 (458 モ)
  • 『キリンの運びかた、教えます』 岩貞 るみこ/文 講談社 (680 イ)
  • 『ゴッホはなぜ星月夜のうねる糸杉をえがいたのか』 マイケル・バード/著 エクスナレッジ (702 バ)
  • 『こだぬきコロッケ』 ななもり さちこ/作 こぐま社 (913 ナ)
  • 『ポケットのなかのジェーン』 ルーマー・ゴッデン/作 徳間書店 (933 ゴ)
  • 『名探偵ホームズ踊る人形』 アーサー・コナン・ドイル/作 理論社 (933 ド)
  • 『旅の絵本 9』 安野 光雅/[著] 福音館書店 (E タ 9)

視聴覚

  • 〔CD〕『親子で聴きたいピアノ名曲選』 日本コロムビア (D 15 オ)
  • 〔DVD〕『沈まぬ太陽』 山崎 豊子/原作 角川映画 (DM 91 シ)