2018年12月号

 

図書館で身体も心もホットに

寒い季節になりますが図書館に出掛けて身体を、 お気に入りの本を読んで心も温めませんか。暖房を消してみんなで出掛 ければ家庭のエネルギー消費も減らすことができます。 おうちに帰ったら手洗いうがいをお忘れなく!

 

クリスマス会開催!

浅羽図書館「ぐりとぐらの会30周年クリスマス会」

日時12月8日(土曜日)午前10時30分から
場所浅羽図書館2階視聴覚室
内容結成30周年を迎える読み聞かせグループ「ぐりとぐらの会」。今年も絵本の読みきかせとハンドベル、手あそびやパネルシアターを行います!プレゼントはなにかな? 〈予約不要〉

袋井図書館「赤いローソククリスマス会」

日時12月16日(日曜日)午後2時から
場所袋井図書館2階視聴覚室
内容毎年恒例のクリスマス会です。読み聞かせやペープサートをお楽しみください。プレゼントもあります♪〈予約不要〉
 

年末年始はお楽しみを用意してお待ちしています♪

フッピーの図書館お楽しみぶくろ

内容おすすめの本をセットにしたふくろを貸出します。ふくろには「動物」「おいしいもの」などテーマや中身のヒントが書かれていますが、どんな本が入っているかは開けてからのお楽しみです。
期間12月22日(土曜日)、12月23日(日曜日)、1月5日(土曜日)、1月6日(日曜日)
対象幼児から大人まで

図書館おみくじ

内容本を借りる時におみくじを1回引けます。2019年の運勢とラッキーブックが分かります!
期間1月5日(土曜日)からなくなり次第終了
対象幼児から大人まで
 

年末年始の休館日

よいお年をお迎えください。

袋井図書館

12月28日(金曜日)~1月4日(金曜日)

月見分室

12月27日(木曜日)~1月4日(金曜日)

浅羽図書館

12月29日(土曜日)~1月4日(金曜日)

 

浅羽図書館「がん情報」コーナーのご案内

国立がん研究センターの「届けるを贈る 届けるを支える『がん情報ギフト』 プロジェクト」より、寄付金を元にがん情報ギフトセットをご寄贈いただきました。それぞれのがんについての治療方法や仕事のこと、お金のこと、悩み相談窓口などについての情報が記載されている冊子やパンフレットです。

差し上げられる資料と館内でご覧いただく資料があります。

二人に一人ががんに罹ると言われています。信頼できるがん情報が図書館でも得られます。ぜひご利用ください。

 

おうちでよみたいおすすめえほん

『まりーちゃんのくりすます』(フランソワーズ/文・絵 与田 凖一/訳 岩波書店/刊)

もうすぐクリスマス。靴を暖炉のそばに置いておくと、プレゼントをもらえます。

まりーちゃんと仲良しのひつじのぱたぽんは、サンタクロースからのどんな贈りものをもらえるのか楽しみにしていますが、ぱたぽんは羊なので靴を持っていません。まりーちゃんはそんなぱたぽんのために靴を用意してあげます。クリスマスの朝、靴の中にはプレゼントが入っていました。

クリスマスを楽しみにするまりーちゃんの様子と、靴を持っていない羊の憂いが交互に現れますが、最後にはどちらも喜ぶ様子が描かれ、あたたかい気持ちになれる絵本です。

このほかにもまりーちゃんのシリーズは4冊あります。(5才くらいから)

 

小学3年生からのおすすめ本 この本、読んでみーよぉ!

『パディントンのクリスマス』(マイケル・ボンド/作 ペギー・フォートナム/画 松岡享子/訳 福音館書店/刊)

この本は『くまのパディントン』の続きのお話です。 ブラウン家の一員になったパディントンは、ついに自分の部屋をもらうことになりました。家族の留守中に自分で部屋をきれいにしようとしますが、ドアや窓にも壁紙を貼ってしまい部屋から出られなくなり、帰ってきた家族に助け出されます。

パディントンがクリスマスの買い物に街へ出かけると、お店が大混乱におちいります。でも大切なネクタイピンを拾ったお礼に、パディントンは大きな車に乗ってクリスマスの街を見物します。

パディントンがブラウン家で過ごす、夏からクリスマスまでの、ゆかいな7つのお話が入っています。

 

図書館職員おすすめの1冊

『絵本の本』(中村 柾子/著 福音館書店/刊)

誰もが一度は、子どもの頃に絵本を読んだ事があるのではないでしょうか。

絵本は、子どもがはじめて味わう「本」であり、大人が子どもへ向ける愛情のひとつだと思います。

この本は、いい絵本ってなに?ほんとに絵本って子どもに必要なの?と、絵本にまつわるさまざまな疑問について考えながら、絵本のおもしろさや魅力を教えてくれます。

本書の中で紹介されている絵本もぜひ読んでみてくださいね。(T)

 

本の展示コーナー

袋井図書館

一般書「身も心もきれいに!―整理・清掃等」
児童書「クリスマス・ふゆのほん」
多文化「ラグビーワールドカップ2019記念特集・フランスの本」

浅羽図書館

一般書「振り返ろう“平成”」
児童書「クリスマス・おしょうがつのほん」

月見の里学遊館図書館分室

一般書「年末年始の本」
児童書「クリスマス・冬のほん」
 

新着本からピックアップ!

どの図書館でも借りられます。但し、取り寄せとなる場合があります。

一般書

  • 『コンピュータ、どうやってつくったんですか?』 川添 愛/著 東京書籍 (007.6 カ)
  • 『奇跡の本屋をつくりたい』 久住 邦晴/著 ミシマ社 (024.0 ク)
  • 『人生が劇的に好転するグチ癖リセット術』 植西 聰/著 大和書房 (159 ウ)
  • 『あなただけの人生をどう生きるか』 渡辺 和子/著 筑摩書房 (198 ワ)
  • 『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』 山崎 圭一/著 SBクリエイティブ (209 ヤ)
  • 『今こそ学ぼう地理の基本』 長谷川 直子/編 山川出版社 (290.1 イ)
  • 『家族のためのユマニチュード』 イヴ・ジネスト/著 誠文堂新光社 (369.2 カ)
  • 『何かが後をついてくる』 伊藤 龍平/著 青弓社 (388 イ)
  • 『回転寿司になれる魚図鑑』 松浦 啓一/監修 主婦の友社 (487.5 カ)
  • 『赤ちゃんが頭を打った、どうしよう!? 』 西本 博/著 岩崎書店 (493.9 ニ)
  • 『放射線について考えよう。』 多田 将/著 明幸堂 (539.6 タ)
  • 『身につく料理』 星澤 幸子/著 KADOKAWA (596 ホ)
  • 『単位は進化する』 安田 正美/著 化学同人 (609 ヤ)
  • 『農家女性の戦後史』 姉歯 曉/著 こぶし書房 (611.9 ア)
  • 『今すぐ使えるかんたんぜったいデキます!デジカメ写真活用術』 井上 香緒里/著 技術評論社 (744 イ)
  • 『かならず作れる美しいユニット折り紙』 つがわみお/著 日本文芸社 (754.9 ツ)
  • 『誰でもはじめられるボルダリング』 尾川 とも子/著 成美堂出版 (786.1 オ)
  • 『奥の細道迷い道』 吉行 和子/著 集英社インターナショナル (911.3 ヨ)
  • 『ブリット=マリーはここにいた』 フレドリック・バックマン/著 早川書房 (949.8 バ)

児童書

  • 『名字ずかん』 森岡 浩/監修 ほるぷ出版 (288 ミ)
  • 『ぼくは恐竜探険家! 』 小林 快次/著 講談社 (457 コ)
  • 『義肢装具士の一日』 WILLこども知育研究所/編著 保育社 (498 ギ)
  • 『はじめての絵画の歴史』 デイヴィッド・ホックニー/著 青幻舎インターナショナル (720 ホ)
  • 『ゆびもじえほん』 全国手話通訳問題研究会/作 クリエイツかもがわ (801 コ)
  • 『サラとピンキー たからじまへ行く』 富安 陽子/作・絵 講談社 (913 ト)
  • 『ぼくたち負け組クラブ』 アンドリュー・クレメンツ/著 講談社 (933 ク)
  • 『ねーずみねーずみどーこいきゃ? 』 こが ようこ/構成・文 童心社 (E ネ)
  • 『やまこえのこえかわこえて』 こいで やすこ/さく 福音館書店 (E ヤ)