ブックパンケーキのテーマ(4月~6月)

テーマ(1)「知っていますか? 図書館と本のひみつ」な一皿
(4月…袋井、5月…月見、6月…浅羽で展示します)
タイトル著者出版社
1 書店・図書館で働く人たち
  しごとの現場としくみがわかる!
戸田 恭子
ぺりかん社
2 13歳からの「身になる読書術」探し方・読み方がわかる本大居 雄一メイツユニバーサルコンテンツ
3 世界図書館遺産ジャック・ボセ創元社
  1. 様々な仕事を紹介するシリーズの今回は、「本と人の出会いのお手伝いをする仕事」のご紹介です。書店は「本を売る」、図書館は「本を貸す」と形は違うけど、同じ“本に係る仕事”です。今、自分の手元あるその本がどうやって届いているのか、知ってみませんか?
  2. 「本を読んでみたいけど、何を読んだらいいのかわからない」「本が好きだけど、この頃いい本に出合えない」そんな皆さんに、本の探し方や読み方を教えてくれる1冊です。
    作者独自の視点で選んだ200冊のブックリストもぜひご覧ください!
  3. 難しいことを考えず、「すごいな~」「きれいだな~」とぼんやり眺めるだけの贅沢な時間を過ごすだけでも大丈夫!フランスの建築写真の第一人者が、ヨーロッパを中心に23の由緒ある、豪華絢爛な図書館を写真に収めました。丁寧な解説も読みごたえがたっぷりですよ。

テーマ(2)「あなたも驚く生物の魅力」な一皿
(4月…月見、5月…浅羽、6月…袋井で展示します)
タイトル著者出版社
1 もっと知りたい!十二支のひみつ
大高 成元
小学館
2 シートンどうぶつ記 1 幼年版
シートンあすなろ書房
3 わけあって絶滅しました。[正]
  世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑 
丸山 貴史
ダイヤモンド社
  1. 十二支の動物に関するむかし話やことわざ、十二支のはじまり等が紹介されています。今年の干支はどんな動物かな?
  2. 「シートンどうぶつ記」のシリーズ1巻は強く賢いオオカミ「オオカミ王ロボ」のおはなしです。シリーズ全10巻を是非読んでみてね!
  3. ドードーやティラノサウルス等の動物がどうして絶滅してしまったのかをわかりやすく教えてくれる1冊です。

テーマ(3)「不思議がいっぱい!自然の世界」な一皿
(4月…浅羽、5月…袋井、6月…月見で展示します)
タイトル著者出版社
1 園芸少年
魚住 直子
講談社
2 センス・オブ・ワンダー
レイチェル・カーソン
佑学社
3 昆虫たちの世渡り術 
海野 和男
河出書房新社
  1. 高校生活をそつなくこなそうとする篠崎、坊主で細眉の大和田、段ボールをかぶっていないと登校できない庄司。なりゆきで園芸部に入った3人はどんどん花壇作りにはまっていく。高1男子たちの春から秋までの物語。
  2. 嵐の夜の海の荒々しい興奮。虫眼鏡でのぞいた雪の結晶の繊細さ。地球の美しさに思いをめぐらせる人は、生命の終わりまで生き生きとした精神力を持ち続けることができる…。環境保護運動のきっかけを作った生物学者が、自然の神秘を語ります。写真も美麗な一冊。
  3. 地球で一番成功した生き物、それは昆虫!実は地球で最大の動物グループなんです。昆虫たちの成功の秘訣は知恵にあり。敵をあざむくために後ろ向きに歩いたり、独りが好きだけど必要な時には群れたり、昆虫たちの世渡り術の数々にきっとあなたは驚きます。