2019年12月号

 

お待たせいたしました!

図書館システム更新のためご不便をおかけしていましたが、12月3日(火)から通常開館いたします。


12月3日(火)から新たに始まるサービスをご紹介します
1  愛称「ふくぶっくつうちょう」(預金通帳型読書の記録帳)に読んだ本を記録できます。
自分が読んだ本のタイトルや貸出日を預金通帳型のノートに記録し、一覧で見ることがで
きます。「通帳に記帳する」という楽しさを感じながら、本を借りることができます。
利用者カードをお持ちの小学生、中学生、高校生及び未就学児で、希望する方に無料で
配布します。
その他の方には、一冊100円で販売します。

2 セルフ貸出機(バーコード式)が使えます。
受付にお持ちいただかなくても、ご自分で貸出手続きができます。
貸出手続きを体験することにより楽しみながら借りられ、また、プライバシーも保護さ
れます。

3 本との出会いをナビゲートします。
子ども向け読書ナビゲーション「ほんナビきっず」により、インターネットを使って楽
しく遊びながら自分の読みたい本を探し、予約することができます。

4 情報提供機能が充実します。
Twitterを活用して情報提供を始めます。新着図書やイベントなどの旬な情報を発信しま
す。

12月3日(火)からの変更点をお知らせします
1 予約本の連絡のメールアドレスが変わります。
新しいアドレスは、【info@lib.fukuroi.ed.jp】です。迷惑メール防止の設定をしてい
る方は、受信できるよう設定をお願いします。 

2 現在登録されているパスワードがリセットされ初期値(西暦の生年月日)となります。
パスワードを初期値から変更している方は、再設定をお願いします。
例:1985年5月15日生まれの場合→19850515となっています。

3 図書館ホームページ利用照会内の「お気に入り一覧」に登録されていた資料は、新システムに移行されません。ご了承ください。
 

フッピーのおたのしみ袋

どんな本が入っているかは開けてからのお楽しみ。
おすすめの本をセットにした「おたのしみ袋」を貸出します。ふくろには「ミステリー」「おいしいもの」などテーマや中身のヒントが書かれています。

期間12月21日(土曜日)から12月28日(土曜日)
対象幼児から大人まで
場所
袋井図書館・浅羽図書館・月見分室
 

年末年始の休館日

よいお年をお迎えください。

袋井図書館

12月29日(日曜日)~1月3日(金曜日)

月見分室

12月28日(土曜日)~1月4日(土曜日)

浅羽図書館

12月29日(日曜日)~1月3日(金曜日)

 

「新聞記事データベース活用講座」を開催します!

『新聞記事データベース活用講座』

当館でご利用いただける「静岡新聞データベースplus日経テレコン」の基本的な操作方法、ビジネスや研究におすすめのコンテンツを紹介します。新聞記事の検索やビジネスに役立つ情報等をえることができます。

(実際にデータベースを操作体験していただきます。)

とき令和元年12月13日(金曜日)
午後1時30分から午後2時30分
ところ袋井図書館 1階 ITコーナー
(静岡県袋井市高尾町19-1)
受講料無料
講師幸田 広志氏(静岡新聞社総合メディア局メディア事業部)
定員6人(申し込み先着順)
対象
パソコンのキーボード操作等の基本操作ができる方
お知らせ
・お車でお越しの方は、ちらし(PDF)の2枚目をご覧ください。
  ・託児はありません。
申込方法来館、電話、FAX(参加申込書はホームページからダウンロードできます)
   
  ※お申込みいただいた情報は、講演参加申し込みの目的以外には使用しません。

 新聞記事オンラインデータベース活用講座:ちらし
    (PDFファイル:214KB)
申込開始令和元年11月5日(火曜日) 午前9時30分から
問合せ先袋井市立浅羽図書館
電話 0538-23-6801
FAX 0538-23-6802
 

えいごでおはなし会開催!

英語の絵本を読みます。

素敵なクリスマスをお過ごしください。

日時12月18日(水曜日) 15時30分から16時
場所袋井図書館 2階 視聴覚室
対象どなたでも
 

クリスマス会開催!

浅羽図書館「「ぐりとぐらの会」クリスマス会」

日時12月15日(日曜日) 午前10時30分から
場所浅羽図書館 2階視聴覚室
内容絵本の読みきかせやハンドベルの演奏、パネルシアターを行います。プレゼントはなにかな? 〈予約不要〉

袋井図書館「「赤いローソク」クリスマス会」

日時12月22日(日曜日) 午後2時から
場所袋井図書館 2階視聴覚室
内容毎年人気のクリスマス会です。読み聞かせやペープサートを行います。プレゼントもありますよ♪〈予約不要〉
 

新着本からピックアップ!

どの図書館でも借りられます。但し、取り寄せとなる場合があります。

一般書

  • 『もの忘れと記憶の科学』五日市 哲雄/著
  • 『クックパッド防災レシピBOOK』扶桑社
  • 『クモの奇妙な世界』馬場 友希/著
  • 『古代オリエントの世界』古代オリエント博物館/編
  • 『同窓会に行けない症候群』鈴木 信行/著
  • 『かっこいい福祉』村木 厚子/著
  • 『戦国の山城を極める』加藤 理文/著
  • 『親に寄り添う、実家のちょうどいい片づけ』Emi/著
  • 『車内アナウンスに革命を起こした「英語車掌」の英語勉強法』関 大地/著

児童書

  • 『14歳からの数学』佐治 晴夫/著
  • 『公認心理師の一日』WILLこども知育研究所/編著
  • 『親子で楽しむかんたんプラモデル』廣田 恵介/著
  • 『ごみ育』 滝沢 秀一/著
  • 『ヤービの深い秋』梨木 香歩/著
  • 『ごみ育』滝沢 秀一/著
  • 『発見!くらしのなかのプログラミング』藤川 大祐/監修
  • 『あなあなはてな』はらぺこめがね/作

DVD

  • 『カメラを止めるな!』上田 慎一郎/監督
  • 『ラ・ラ・ランド』デイミアン・チャゼル/監督
  • 『君の名は。』新海 誠/監督
  • 『男はつらいよ 第30作』山田 洋次/監督
 

おうちでよみたいおすすめえほん

『ながれぼしをひろいに』(筒井頼子/作 片山健/絵 福音館書店/刊)

クリスマス・イブの夜、みふではサンタさんに会うために、お布団の中で一生懸命目を覚ましていました。大きな赤い流れ星が山に落ちていくのを見たみふでは、流れ星をサンタさんへのプレゼントにしようとこっそり出かけました。子猫や雪だるま、カラスなどと出会いながら、なんとか山頂に到着します。そこにあったのは流れ星ではなく‥‥。
雪のやんだ、静かなクリスマス・イブの夜のおはなしです。
(読んであげるなら、5・6歳くらいから)
 

小学3年生からのおすすめ本 この本、よんでみーよぉ!

『ちゃいろいつつみ紙のはなし』
(アリソン・アトリー/作 松野正子/訳 殿内真帆/絵)

主人公はなんと、茶色いつつみ紙。子ども達からのクリスマスプレゼントを包み、おばあさんのもとへ旅立ちました。大切にしまわれたつつみ紙は数ヵ月後、孫へのプレゼントの小包に使われます。元の家に帰ってきたつつみ紙には、うれしい出来事が待っていました。
全ページに切り紙や版画のイラストが入り、余白も大きく読みやすい。工作が好きな子は最後の使われ方に共感するのでは。身の回りの物に命が宿っていると感じる子どもの心理、離れて暮らす家族を想う気持ちをよくとらえています。
 

図書館員おすすめの1冊

『ミ・ト・ン』(小川糸/文 平澤まりこ/画 白泉社/刊)

ルップマイゼ共和国に生まれた女性、マリカの生涯を描いた物語です。
舞台となる国はバルト三国の一つのラトビアがモデル。そこでは防寒だけでなく装身具として手袋(ミトン)をはめる文化があり、その文様には神が宿り大切な想いが編み込まれているそうです。
マリカは羊の毛を紡ぎ幸せを祈りながらミトンを編みました。うれしい時も悲しい時もそばにはミトンがありました。自然と共に丁寧に穏やかに生きるマリカの暮らしに心惹かれます。(A)
 

本の展示コーナー

袋井図書館

一般書「パーティしよう!」
児童書「クリスマス・ふゆのほん」
ティーンズ「その年齢から考える」

浅羽図書館

一般書「年末年始のおやくだち本」
児童書「クリスマスとおしょうがつのほん」
ティーンズ「科学の世界に触れてみよう」

月見の里学遊館図書館分室

一般書「年末年始の本」
児童書「天記や星に関する本」