袋井市立図書館
文字のサイズ 小 中 大
2019年10月号:図書館だより

「おかえり、栞の場所で待っているよ」

10月27日(日曜日)から11月9日(土曜日)は読書週間です。
「読書週間」は、「読書の力によって、平和な文化国家を創ろう」と昭和22年に第1回が開催され、今年で73回目となります。今年の標語は「おかえり、栞の場所で待ってるよ」です。

図書館システム停止及び休館のお知らせ

図書館システム更新のため、11月18日(月曜日)から12月2日(月曜日)の間、市内全館で図書館システムが停止しますのでお知らせいたします。
図書館システムの停止期間は、貸出、資料検索、予約、図書館ホームページの利用ができません。ご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力をお願いいたします。。

閲覧のみの期間(館内で資料をご覧いただけます。)
袋井・浅羽図書館 11月19日(火曜日)から11月24日(日曜日)
月見分室 11月18日(月曜日)から11月24日(日曜日)(木曜日休館)

完全休館の期間(すべての業務を停止します。)
市内全館 11月25日(月曜日)から12月2日(月曜日)

浅羽図書館からお知らせ

浅羽図書館は、今年も「袋井市ふれあい夢市場」に参加思案す。
11月10日(日曜日) 午前9時30分から
【イベント】
「おりじなるしおりをつくろう!」
「本のリサイクル市」

当日、お車の駐車は、ふれあい夢市場駐車場(浅羽支所、メロープラザ等)も御利用ください。
図書館駐車場の5台分を「ふれあい夢市場」の障がい者用駐車場として使用します。御理解、御協力をお願いいたします。

袋井図書館休館のお知らせ

10月は、月曜日以外に12日(土曜日)、13日(日曜日)、25日(金曜日)が休館となります。
ご理解ご協力をお願いします。

来年度受入希望雑誌アンケート

図書館に入れてほしい雑誌がありましたら、館内設置または図書館だよりの「アンケート用紙」に、雑誌名・分野等をご記入後、図書館受付にある「アンケート回収箱」にお入れください。
なお、図書館が今後の購入の参考とさせていただくもので、必ず購入することをお約束するものではありません。あらかじめご了承ください。
締切:令和元年11月1日(金曜日)

フッピーのハロウィンしおりをプレゼント

図書館のどこかにかくれている「まほうのことば」を探して、本を借りるときに受付で伝えてください。
仮装をしてきてくれた方には、フッピー缶バッジもプレゼント!!

期間 10月1日(火曜日)から10月31日(木曜日)
浅羽図書館・月見の里学遊館図書館分室は10月30日(水曜日)まで
場所 袋井図書館・浅羽図書館・月見の里学遊館図書館分室
対象 どなたでも

英語でおはなし会

絵本を3冊読みます。
素敵なハロウィンをお過ごしください。

日時 10月23日(水曜日) 15時30分から16時
場所 袋井図書館 2階 視聴覚室
対象 どなたでも

新着本からピックアップ!

どの図書館でも借りられます。但し、取り寄せとなる場合があります。

一般書
『世界魚類神話』 篠田知和基/著 
『令和版江戸名所図会』 永井伸八朗/著
『警視庁災害対策課ツイッター防災ヒント110』 日本経済新聞出版社/編
『貯まる女子の毎日の習慣』 日経WOMAN編集部/編
『はじめて学ぶ茶の湯』 阿部宗正/指導
『キリン解剖記』 郡司芽久/著
『純喫茶レシピ』 高山かづえ/著
『育児百景』 くぼあやこ/著
『日本潮風の花スタートBOOK』 栃の葉書房/版
『三国志演義事典』 渡邉義浩/著

児童書
『平和のバトン』 弓狩匡純/著
『じぶんでよめるきょうりゅうずかん』 成美堂出版編集部/編著
『ちいさなハンター ハエトリグモ』 坂本昇久/写真・文
『ダーウィンの「種の起源」』 サビーナ・ラデヴァ/作・絵 福岡 伸一/訳
『宇宙探査ってどこまで進んでいる?』 寺薗淳也/著
『アトリと五人の王』 菅野雪虫/著
『しずくの首飾り』 ジョーン・エイキン/作

おうちでよみたいおすすめえほん

『しょうぼうじどうしゃじぷた』
(渡辺茂男/さく 山本忠敬/え 福音館書店/刊)

ある街の消防署のすみっこに、ジープを改良した、ちびっこ消防車のじぷたがいました。
ちいさなじぷたは働きもので、火事になるとすぐに飛び出していきますが、はしご車ののっぽくんや、救急車のいちもくさんにバカにされてばかり。街の子どもたちには見向きもされません。
ある日、山小屋で火事がおきました。大きな消防車は、せまい山道を通れません。でも、ジープのじぷたなら…?
ちいさなじぷたの活躍に、子どもたちも大満足の絵本です。

小学3年生からのおすすめ本 この本、読んでみーよぉ!

『金のがちょうのほん』
(レズリー・ブルック/文・画 瀬田貞二、松瀬七織/訳 福音館書店/刊)

ある人に三人の息子がいました。ある日、一番上の息子が森に木を切りに行くと言い、パンとワインを持って出かけましたが、森で出会った老人のお願いを拒否したため、斧でケガをしてしまいました。二番目の息子も森に出かけましたが、同じようにケガをして戻ってきました。そこで三番目の息子が森に木を切りに行きたいと言い出して…(「金のがちょう」より)
「金のがちょう」「三びきのくま」「三びきのこぶた」「親ゆびトム」の4つの昔話が収録されており、各ページに添えられたブルックの絵が物語をより一層引き立てています。

図書館職員おすすめの1冊

『世界史の極意』
(佐藤優/著 NHK出版/刊)

世界史という言葉を聞くと、なにを連想するだろうか。中学、高校の授業で受けた世界史かもしれない。大人になって興味、趣味として歴史、世界史に目が行く人もいると思う。この本は世界史の流れを通して、現代社会に起きていることの「なぜか」をあぶりだしていく本だ。
年表を覚えるでもなく、起きた事柄を記憶するでもなく、世界史が現代にまでつながっていることを理解させてくれる。世界史に対する認識を新たにさせてくれる一冊であると思う。是非多くの方に読んでもらいたい。(Y)

本の展示コーナー

袋井図書館 一般書 「眼福(がんぷく)な本たち
  ~美しい写真集・ビジュアルブック」
児童書 「絵画っておもしろい」
ティーンズ 「本を紹介する本(ブックリスト)」
浅羽図書館 一般書 「趣味を探す、増やす」
児童書 「本で世界をぐるっと一周」
ティーンズ 「応援! 部活特集」
月見の里学遊館図書館分室 一般書 「音楽と一緒に楽しもう! 芸術の秋・スポーツの秋」
児童書 「たべものの本」

コラム 図書館員のお仕事紹介

このコラムでは、図書館員がどのような仕事をしているのか紹介していきます。
窓口以外にも色々なことをしているんです。

Part7 「子どもの読書活動推進講演会開催」のお仕事
袋井市立図書館では、子どもの読書活動推進のため、年1回講師をお招きして講演会を開催しています。今年は8月24日(土曜日)に絵本作家の小西英子さんによる講演会「おいしい絵本が生まれるまで」を開催しました。
ご本人による自著の読み聞かせを交えながら、製作の裏側をお話しいただきました。絵本『おべんとう』では、お弁当がまさにつくられている様子を出すためミートボールのたれをこぼすなど、細部まで工夫がこらされているとわかり、参加者は驚いた様子でした。

図書館からの情報

資料検索・予約
よくあるご質問
図書館カレンダー
本文へとびます メインメニューへとびます
このページのトップへ