袋井市立図書館
文字のサイズ 小 中 大
2018年3月号:図書館だより

図書館へのご寄附・ご協力ありがとうございます。

●一般社団法人 勧農報徳社から寄附金2,000,000円をいただき、図書などを購入しました。背表紙のラベル下に「勧農報徳」のシールが貼ってあります。

公益信託西川・土屋図書助成基金から、児童用図書資料223冊と、音声読み上げ・拡大読書機をいただきました。

雑誌のご寄贈ありがとうございます

 民間事業者の方に、雑誌の購入費用を負担していただく「雑誌スポンサー制度」へのご協力により、雑誌コーナーの充実が図られています。ご提供いただいた雑誌のカバーや設置する棚には、スポンサーの名称や広告を掲示しています。

平成29年度雑誌スポンサー
 株式会社浅羽農園様、KAMIYA株式会社様、有限会社高橋モータース様、株式会社丹羽屋呉服店様、美容室髪友様、溝口ファミリークリニック様、宮嶋耳鼻咽喉科様

 図書館では、雑誌スポンサーにご協力いただける事業者の方を随時募集しています。
 詳しくは「雑誌スポンサーを募集します」のページをご覧下さい。

袋井市立図書館「ボランティアのつどい」を開催しました。

 2月3日(土)に、袋井北公民館で図書館の読み聞かせボランティアグループと市民を対象に講演会を開催しました。
 講師の勝山高さん(静岡県読み聞かせネットワーク会長)から「子どもと子どもの本」そして「ボランティアをすること」について、今後の活動の指針となるお話を伺いました。
 ボランティアの皆様、日頃のご協力ありがとうございます。

 

ブックスタート、セカンドブックを受講しましたか?

 保健センターで行われる、7ヵ月児相談、2才児相談の際に、ブックスタート、セカンドブックを行い、絵本やわらべうたの紹介をしています。また、おうちですぐに絵本の読み聞かせを楽しんでいただけるよう、絵本をプレゼントしています。
 未受講の方は、袋井図書館または浅羽図書館へ事前にご連絡の上、ご来館ください。

対象 市内にお住まいの方(お子さん)
◆ブックスタート 1歳6ヵ月まで
◆セカンドブック 3歳まで
持ち物 母子手帳
 

袋井図書館に軽自動車用駐車場ができました。ご利用ください。

    

お知らせ

 連載「伝えたい袋井のあゆみ」は今号が最終回です。ご愛読ありがとうございました。

おうちでよみたいおすすめえほん

『ピーターのいす』
(エズラ=ジャック・キーツ/さく きじま はじめ/やく 偕成社/刊)

 ピーターに妹が生まれると、お母さんは妹の世話で忙しくなりました。ピーターのゆりかごやベビーベッドはピンクに塗られ、食堂用のいすもお父さんが塗り替えています。ピーターは悲しくなって、まだ塗られていない小さないすを持って家出します。でもピーターがいすに座ろうとすると、おしりが入りません。ピーターは自分が大きくなったことに気づきます。その時、お母さんがやさしくピーターを呼びました。

 下に兄弟が生まれた子どもの繊細な気持ちや、自らの成長を実感し行動するピーターに、子どもたちは共感するでしょう。(5歳から)

小学3年生からのおすすめ本 この本、読んでみーよぉ!

『ネコの家庭教師』
(南部 和也/さく 福音館書店/刊)

 白ネコのベスは大きな街の市場に一人で暮らしていました。ある日ベスは、市場にやってきた、見たこともないような立派な馬車にひょんなことで乗っかってしまい、ある屋敷に着き、女王さまの孫のトリア姫に出会いました。
 トリア姫は、悪いことばかりして宮殿からおいだされ、10歳の誕生日まで庭師の夫婦と暮らすことになっていました。トリア姫はベスに自分の飼い猫になってほしいと頼みます。ベスは、姫と一緒に暮らすために知恵をしぼり、家庭教師になることにしました。でも、ネコは、家庭教師になれるのでしょうか?

 姫とベスが成長していく様子と、姫を取り巻く大人たちの様子は大人にも楽しめるので親子でどうぞ。

図書館職員おすすめの1冊

『日本の古寺101選』
(廣澤 隆之/監修 成美堂出版/刊行)

わたしたちの身の回りには、誰かのアイデアから生み出されたものがたくさんあります。アイデアが浮かぶ人はどんな人なのでしょう。自分には発想力はないし、ヒット商品を生み出せるのはごくわずかのすごい人たちだけなんだと思っていました。

でも、この本を読んでみると「アイデアの種」はどこにでもあるみたいです。この「アイデアの種」を大事に育てていくと、ひとつのアイデアから別のアイデアが浮かび、そのアイデアからまた別のアイデアが浮かんで…とまるで木のように広がっていき、「アイデアの木」が伸びていきます。
ではその種はどうやって見つけるの?この本がそのヒントを教えてくれます。(H)

本の展示コーナー

袋井図書館 一般書 「あなたを支える"何か"がきっとある!!
 ~3月は自殺対策強化月間~」
児童書 「としょかんのおはなし会でよんだほん」
多文化 「ラグビーワールドカップ2019記念特集 スペイン編」
浅羽図書館 一般書 「2017年文学賞等受賞作品」
児童書 「春におすすめの本」
月見の里学遊館図書館分室 一般書 「野菜あれこれ」
児童書 「旅・ぼうけんの本」

伝えたい袋井のあゆみ(第96回)

御霊信仰と袋井 〈24〉―津島信仰の拠点②―

 遠州の祇園(牛頭天王)信仰は愛知県津島神社(津島牛頭天王)の影響が大きく、津島御師が熱心に布教に訪れたことから各村では「津島講」が結成され、毎月15日に「津島牛頭天王」と神名が書かれた軸を掲げて講員が祭礼を行うところもあった。
 本社の愛知津島神社の祭礼に代参者を出し、神札をいただいて村での天王祭を行う事例もあった。第89回目に紹介した西同笠(にしどうり)村がその一つで、「戦後もしばらくは、毎年、出かけて檀家の契約をした御師の宿坊に泊まって接待を受け、二日にわたる祭礼を見物したのち、御札を授かり持ち帰った」という話しを古老から直接聞き取りしたことがある。
 この祭礼は宮島の「管弦祭」、大阪の「住吉祭」と共に日本三大川祭と呼ばれるほど、盛大に繰り広げられるもので、近世には歴代の尾張藩主も度々訪れた。かつては旧暦6月14・15日に行われていたが、現在は7月第四土・日曜日に行われている。
 京都の祇園祭では山鉾の巡行が行われるが、津島天王祭では津島が伊勢と尾張を繋ぐ湊町であったことから川に船を浮かべてこれを行うわけだ。土曜の宵祭りでは午後七時頃から五隻のまき藁船の提灯に明かりが一つ一つ灯され、九時頃になると囃子方が「津島笛」を奏でながら一斉に漕ぎ出して御旅所に向かう。
 翌朝は装いを替え、提灯を外して二段屋台を乗せた車楽船(だんじりぶね)という姿に変身して朝祭りが行われ、見る者を楽しませてくれる。
 地域に伝わる伝統や風習は祇園祭ひとつを取り上げてみても、長い年月の積み重ねと、人々の交流が背景に存在している。しかし、その繋がりを知る人は殆どいなくなってしまった。袋井のあゆみを記し伝えることは今を生きる者の大切な役割だと思う。(完)

新着本からピックアップ!

どの図書館でも借りられます。但し、取り寄せとなる場合があります。
図書館の本は、ホームページからも検索・予約ができます。

一般書
『一流家電メーカー「特殊対応」社員の告白』 笹島 健治/著 ディスカヴァー・トゥエンティワン (007.3 サ)
『「意識しない」力』 小林 弘幸/著 文響社 (145.1 コ)
『わたしの世界辺境周遊記』 色川 大吉/著 岩波書店 (290.9 イ)
『過労死ゼロの社会を』 高橋 幸美/著 連合出版 (366.9 タ)
『写真家だけが知っている動物たちの物語』 ロザムンド・キッドマン・コックス/編著 日経ナショナルジオグラフィック社 (481.7 シ)
『酒好き医師が教える最高の飲み方』 葉石 かおり/著 日経BP社 (498.3 ハ)
『農家が教えるもち百珍』 農文協/編 農山漁村文化協会 (596.3 ノ)
『家事代行のプロが教えるかしこいそうじ術』 CaSy/著 学研プラス (597.9 カ)
『イラッとされないビジネスメール正解不正解』 平野 友朗/監修 サンクチュアリ出版 (670.9 イ)
『騎馬武者』 紅葉台木曽馬牧場/監修 新紀元社 (789.6 キ)
『天才棋士加藤一二三挑み続ける人生』 加藤 一二三/著 日本実業出版社 (796.0 カ)
『社会人のための英語の世界ハンドブック』 酒井 志延/編 大修館書店 (830.7 シ)
『歌丸ばなし』 桂 歌丸/著 ポプラ社 (913.7 カ)
『<漢詩から読み解く>西郷隆盛のこころ』 諏訪原 研/著 大修館書店 (919.6 サ)
『駿河湾の形成』 柴 正博/著 東海大学出版部 (K 452.2 シ)

児童書
『地図っておもしろい! 1』 早川 明夫/監修 国土社 (448 チ 1)
『すくすく育て!子ダヌキポンタ』 佐和 みずえ/文 学研プラス (489 サ)
『鳥獣戯画を読みとく』 五味 文彦/監修 岩崎書店 (721 チ)
『これでなっとく!にている漢字の使い分け 1』 高木 まさき/監修 光村教育図書 (811 コ 1)
『目と耳で覚える漢字絵図鑑 [2]』 高梁 まい/文 六耀社 (811 タ 2)
『大人になって困らない語彙力の鍛えかた』 今野 真二/著 河出書房新社 (814 コ)
『子どもおもしろ歳時記』 金井 真紀/文・絵 理論社 (911 カ)
『絵物語古事記』 富安 陽子/文 偕成社 (913 エ)
『えでみるあいうえおさくぶん』 ニシワキ タダシ/作 あかね書房 (E エ)

視聴覚資料
『日本のわらべ歌 1』 平凡社出版販売 (D 61 ニ 1)
『中島みゆき・21世紀ベストセレクション「前途」』 中島 みゆき/歌手 ヤマハミュージックコミュニケーションズ (D 22 ナ)

図書館からの情報

資料検索・予約
よくあるご質問
図書館カレンダー
本文へとびます メインメニューへとびます
このページのトップへ