袋井市立図書館
文字のサイズ 小 中 大
2018年1月号:図書館だより

あけましておめでとうございます。

今年も皆様のお役に立つ図書館をめざして、職員一同努力してまいります。
皆さまのご利用、お待ちしております。

袋井市立図書館ボランティアのつどい・基調講演を開催します。

基調講演「子どもと本の幸せな出会いを願って」

 地域で学校図書館ボランティアを立ち上げ後、教員免許に加えて司書教諭資格を取得するなど、子どもの読書活動の推進に力を注ぐ講師と「子どもと子どもの本」、そして「ボランティアすること」について一緒に考えてみませんか?

講師 勝山 高 氏 (静岡県読み聞かせネットワーク会長)
※講演会終了後、質疑応答の時間を設けます。
とき 平成30年2月3日(土曜日)
午後1時15分から午後3時15分
ところ 袋井市立袋井北公民館 ホール
(静岡県袋井市久能1330-2)
受講料 無料
定員 80人
対象 どなたでも参加できます。
(図書館でのボランティア活動に関心のある方など。)
申込方法  来館、電話、FAX(参加申込書はホームページからダウンロードできます)、メール(メールの場合は住所、氏名、電話番号をご記入ください)

※お申込みいただいた情報は、講演参加申し込みの目的以外には使用しません。
※申込み多数の場合は抽選とし、ご参加いただけない場合のみ連絡します。

PDFファイル 袋井市立図書館ボランティアのつどい:ちらし(PDFファイル:342KB)
申込締切  平成30年1月23日(火曜日)
問合せ先 袋井市立袋井図書館
電話 0538-42-5325
FAX 0538-45-0569
Eメール fukuroitosyokan@city.fukuroi.shizuoka.jp

袋井・浅羽図書館展示コーナーであなたの作品や活動を紹介しませんか?

平成30年度4月~翌年3月のご利用の受付を、平成30年1月12日(金)から、開始します。
 

対象 袋井市内の個人および団体の方
展示内容 絵画、ポスター、陶芸、手芸、民芸、写真やグループの活動報告等
利用料 無料
利用時間 図書館の開館時間
申込方法 利用希望館にお問い合わせのうえ、申込用紙をご提出ください。
〆切 平成30年1月31日(水曜日)
袋井図書館
展示期間 1週間から1か月の任意の期間(休館日・搬入搬出日を含む)
コーナーの特徴 2階フロア内の直接手に触れることができる場所にあり、貴重品の掲示には適しませんが、規模に応じて展示スペースを調整できます。
パネルに直接作品を貼り付けます。パネルのサイズは180×120センチメートル、最大7枚まで使用可能で、うち4枚は両面使用できます。
浅羽図書館
展示期間 1週間から1か月の任意の期間(休館日・搬入搬出日を含む)
コーナーの特徴 1階奥にあり、ガラス張りになっています。
幅約14メートル、奥行き0.9メートル程度。平面物は壁面に貼るか、吊し金具を使用して展示。汚破損を避けたいものや、小さめの立体物の展示にも好評です。分割して同時に数グループでの使用も可能です。

※申し込み多数の場合は図書館で調整させていただき、利用の可否は2月下旬にご連絡します。
※政治、宗教、販売・営業活動などに関する展示はできません。

月見の里分室 切り紙講座「『富士山のきりがみ』をきろう!」

日時 2月18日(日)午前10時~11時
場所 月見の里学遊館2階・集会室A
持ち物 ハサミ・筆記用具(鉛筆、消しゴム、線引きなど)
対象 幼児~小学生(先着10名)
※ハサミが使えない方は、保護者同伴で参加可
受付開始 1月16日(火)午前9時~
申込先 月見の里学遊館図書館分室
電話・FAX 0538-49-3402

袋井図書館で「雑誌のリサイクル市」を開催します。

保存期限の過ぎた雑誌を無料で、差し上げます。どうぞ、ご利用ください。

期間 2月3日(土)~2月8日(木)9:30~17:30(水・木曜日は19:00まで)
※月曜日は休館です。
場所 袋井図書館2階視聴覚室

※お持ち帰り用の袋は、各自ご用意下さい。
※浅羽図書館の雑誌は、浅羽図書館入口のリサイクルコーナーに限り、2月3日(土)より、随時差し上げます。

おうちでよみたいおすすめえほん

『アンガスとあひる』
(マージョリー・フラック/さく 瀬田 貞二/やく 福音館書店/刊)

 子犬のアンガスには、ふしぎなものがいっぱいあります。その中でも、いちばん不思議なのは、となりの家から聞こえてくる「ガー、ガー、ゲーック、ガー!」という鳴き声でした。
 なんでも知りたがるアンガスと、あひるのやり取りが楽しい絵本です。おひざで読むのはもちろん、大勢への読み聞かせにも向きます。子どもたちは、あひるに追いかけられるところはドキドキしながら、家に戻ってからはアンガスと一緒に胸を落ち着かせることでしょう。 アンガスの登場するおはなしは、他にも4冊あります。(4歳ぐらいから)

小学3年生からのおすすめ本 この本、読んでみーよぉ!

『グレイ・ラビットのおはなし』
(アリソン・アトリー/作 石井桃子、中川李枝子/訳 岩波書店/刊)

 グレイ・ラビットは、森の小さな家で、野ウサギとリスといっしょに暮しています。働き者のグレイ・ラビットは、わがままな二人のために朝から大忙しです。ニンジンの畑を作ろうと家を離れたすきに、森の動物達から恐れられているイタチに、家を荒らされ、二人はさらわれてしまいます。でも、グレイ・ラビットは勇敢にイタチの家に向かい、知恵をつかって二人を助け出しイタチを退治します。
 森の自然の中で生きている動物の性格、暮らしが温かく描かれています。けれども、時々どきどきすることも…。気ままな野ウサギやリスの冒険の話もあり胸がわくわくします。色彩豊かな絵本のシリーズもあります。(自分で読むなら3年生くらいから)

図書館職員おすすめの1冊

『淳子のてっぺん』
(唯川 恵/監修 幻冬舎/刊行)

 一昨年に逝去した、登山家の田部井淳子さんをモデルにした小説です。
 彼女は「女なんかに登れるか!」と言う男女差別が厳しい時代に、女性だけの登山隊で初めてアンナプルナや世界最高峰のエベレスト登頂を果たしました。
 危険と隣り合わせの山行、時には隊の人間関係に悩み、熱い甘いミルクティで一息をつく…美しい山の景色を見ながら、一緒に登っているような緊張と高揚感で読み進んで行きました。
 「ちびじゅん」と呼ばれていた小柄で負けん気の強い淳子さん。山を愛し、人を愛し、どんなてっぺんに行き着いたのか。手に取って彼女の人生をたどってみて下さい。(A)

本の展示コーナー

袋井図書館 一般書 「今でしょ!?『英語』」
児童書 「どうぶつがでてくる本」
YAコーナー 「謎を解き明かそう!ミステリー特集」
浅羽図書館 一般書 「若い人におすすめの本」
児童書 「十二支の本」
月見の里学遊館図書館分室 一般書 「2月23日は『富士山の日』」
児童書 「いぬの本」

伝えたい袋井のあゆみ(第94回)

御霊信仰と袋井22 ―杉の持つ霊力―

 ここまで5回にわたり、杉の青々とした葉を挿した祇園の祠、「オカリヤ(御仮屋)」を紹介した。これらは、いずれも愛知県津島市に所在する、津島神社(津島牛頭天王:つしまごづてんのう)の神霊を迎え、祀る依り代である。
 その形は多様で、屋根を持つ祠型で柱がある構造、柱は無く直置きのものから、牛の角を表現したもの、神輿型のものと、実にさまざまで、同様のものは愛知県や岐阜県にも分布している。 形は変化に富むものの、総てに共通するのが、全面に杉の葉を挿していることだ。今回は杉の持つ霊力について紹介しよう。
 普段、何気なく使っている漢字には落とし穴がたくさんある。それは、音だけで表現する日本語(大和ことばとでも、呼んでおこう)を中国の文字である漢字に当てはめることにより、本来の言霊(ことだま)の意味が失われているからだ。「杉」は大和ことばでは「直木(す・ぎ)」という漢字を当てはめると、本来の意味がわかる。
 天に向かってまっすぐに延びる杉の木は、神霊が宿り、降下する特殊な木という認識があった。そこで、杉だけを植えて聖域の森を形成することも全国で知られている。聖域の入口に2本の杉を植えて、その間から出入りする結界(けっかい:聖域の境)とし、これに横木を渡して固定すると神霊を運ぶ鳥が居着く「鳥居」となる。
 青々とした葉は乾燥させて線香を作る。生木は地面に巣のように敷くと修験者の山中での寝床となり、枯れ枝を集めて燃やすと虫除けとなり、山中修行には欠かすことができない霊木であった。
  このように杉の木は依り代となり、葉は実用的であると同時に、トゲトゲした形状が、魔物を追い払い、寄せ付けない能力があると考えられたので、杉のオカリヤのようなものが作られたわけだ。(山)

新着本からピックアップ!

どの図書館でも借りられます。但し、取り寄せとなる場合があります。

一般書
『「日本の伝統」の正体』 藤井 青銅/著 柏書房 (031.4 フ)
『自信過剰な私たち』 中村 隆文/著 ナカニシヤ出版 (140.1 ナ)
『本人のおなまえっ! 1』 NHK「日本人のおなまえっ!」制作班/編 集英社インターナショナル (288.1 ニ 1)
『トラベルコンシェルジュが教える次に行くべき旅の作り方』 実業之日本社 (290.9 ト)
『文藝春秋オピニオン2018年の論点100』 文藝春秋 (304 ブ)
『はじまりは愛着から』 佐々木 正美/著 福音館書店 (379.9 サ)
『色と光のはなし』 稲場 秀明/著 技報堂出版 (425 イ)
『十二支読本』 稲田 義行/著 創元社 (449.3 セ)
『自動運転で伸びる業界消える業界』 鶴原 吉郎/著 マイナビ出版 (537.0 ツ)
『あした死んでもいい30分片づけ』 ごんおばちゃま/著 興陽館 (597.5 ゴ)
『ミルク日記』 チーム・ミルクジャパン/著 ポプラ社 (648.1 ミ)
『海外出張/カタログ・ウェブサイト/展示会で売れる英語』 大澤 裕/著 ダイヤモンド社 (670.9 オ)
『ムリなくはじめられる楽しいランニング』 鈴木 清和/著 成美堂出版 (782 ス)
『羽生善治の将棋「次の一手」150題 羽生』 善治/著 成美堂出版 (796ハ)
『物語と歩いてきた道』 上橋 菜穂子/著 偕成社 (914.6 ウ)
『女の子のことばかり考えていたら、1年が経っていた。』 東山 彰良/著 講談社 (F ヒ)

児童書
『中学生の悩みごと』 高濱 正伸/著 実務教育出版 (159 タ)
『算数の図鑑』 キャロル・ヴォーダマン/著 誠文堂新光社 (410 ボ)
『ひとりでできるかな?はじめての家事 1』 家庭科教育研究者連盟/編 大月書店 (590 ヒ 1)
『文様えほん』 谷山 彩子/作 あすなろ書房 (727 タ)
『目と耳で覚える漢字絵図鑑 1』 高梁 まい/文 六耀社 (811 タ 1)
『てんこうせいはワニだった!』 おの りえん/作・絵 こぐま社 (913 オ)
『メリーメリーへんしんする』 ジョーン・G.ロビンソン/作・絵 岩波書店 (933 ロ)
『きのうえのおうちへようこそ!』 ドロシア・ウォーレン・フォックス/作 偕成社 (E キ)
『よ・だ・れ』 小風 さち/文 福音館書店 (E ヨ)

視聴覚資料
『行事・イベントを楽しく盛り上げる!アイデア☆お役立ち効果音&BGM』キングレコード (D 54 ア)
『松原健之 ベストアルバム4』 松原 健之/歌手 テイチクエンタテインメント (D 21 マ 4)

図書館からの情報

資料検索・予約
よくあるご質問
図書館カレンダー
本文へとびます メインメニューへとびます
このページのトップへ