袋井市立図書館
文字のサイズ 小 中 大
2016年11月号:図書館だより

新聞記事オンラインデータベース活用講座を開催します

袋井図書館で利用できる検索サービス「静岡新聞データベースplus日経テレコン」を実際に操作しながら、基本的な操作方法や検索のこつ、おすすめのコンテンツを紹介します。 

演題 新聞記事オンラインデータベース活用講座
講師 幸田 広志さん(株式会社静岡新聞社総合メディア局メディア事業部)
日時 12月8日(木曜日) 午後1時30分から午後2時30分
袋井図書館1階 ITコーナー
定員 9人(事前申し込み制:先着順)
参加費 無料
申込受付 11月13日 日曜日 午前9時30分から
問い合わせ・
申込み
袋井市立袋井図書館
電話 0538-42-5325
FAX 0538-45-0569
Eメール fukuroitosyokan@city.fukuroi.shizuoka.jp

図書館サービスの一時休止のお知らせ

図書館システムの動作向上のため、機器の保守を行います。保守作業期間中は、次のとおりサービスを一部休止します。ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。

作業日と休止するサービス内容
1. 11月29日(火曜日) 図書館ホームページ(ホームページ自体が見られません。)
2. 12月5日(月曜日)、12月12日(月曜日)
  A 図書館ホームページ(蔵書検索機能、予約の入力、利用情報等)
     トップページ、行事案内などはご覧いただけます。
  B 月見の里学遊館図書館分室での図書館所蔵資料への予約入力、
    利用者用蔵書検索機(OPAC)の利用

作業時間
両日とも午前9時から正午
 作業時間はは延長する可能性があります。万が一、長時間使用不可能な状況が起こった際は、1は袋井市ホームページで、2は図書館ホームページで状況をお知らせします。 

「袋井市子ども読書活動推進計画(第3次)(案)」についてパブリックコメントを実施します。

市では、全ての子どもがあらゆる機会とあらゆる場所で自ら読書活動ができるように「袋井市子ども読書活動推進計画(第3次)(平成29年度から平成33年度)」の策定に取り組んでいます。計画(案)について、ご意見をお寄せください。
詳しくは広報ふくろい11月号、袋井市ホームページをご覧ください。

浅羽図書館からお知らせ

11月6日(日曜日)に行われる「袋井市ふれあい夢市場」に浅羽図書館も参加します。当日は、「図書館クイズラリー」「本のリサイクル市」を開催します。お誘いあわせのうえ、ぜひ、お越しください。

なお、図書館駐車場も「夢市場」の駐車場として使用するため混み合います。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

駐車場は夢市場駐車場(浅羽支所、メロ―プラザ等)もご利用ください。

おうちでよみたいおすすめえほん

『ねずみさんのながいパン』
(多田ヒロシ/作 こぐま社/出版)

ねずみさんが長いパンを持ってどこかに向かっています。ぞうさん、きりんさん、らいおんさん、うさぎさんの家の前を通っていきます。みんな、家族でおいしいごはんを食べていますが、ねずみさんの行き先ではありませんでした。
ねこさんの家の前は素通りし、最後に着いたねずみさんの家では大家族がおなかペコペコで待っていました。

動物たちの家のごちそうがのった食卓はすべてページ見開きで、特にねずみさんの家の大勢のねずみたちと長いパンの絵が楽しい。赤ちゃん絵本を充分楽しんだお子さんに。(3歳ぐらいから)

小学3年生からのおすすめ本 この本、読んでみーよぉ!

『ゆかいなホーマーくん』
(ロバート・マックロスキー/作 石井 桃子/訳 岩波書店/出版)

ホーマーくんはアメリカの小さな町に、キャンプの経営者のお父さんと食事や宿泊者のお世話をするお母さんと暮らしています。ラジオを組み立てるのが好きなホーマーくんに、いろいろゆかいな事件がおこります。隠して飼っていたスカンクが、強盗犯を捕まえるお手柄をあげたり、漫画のヒーローの本物が来ると聞いて出かけますが、ヒーローの車が溝に落ちている所を助けることになったり、おじさんの食堂でドーナツ自動製造機がこわれて、食堂がドーナツの山であふれたりするお話など6篇。

画家である作者が挿絵を描いていて、お話をいっそうおもしろくしています。(3年生くらいから)

図書館職員おすすめの1冊

『日本の大問題』
(養老孟司、藻谷浩介/著 中央公論社/出版)

日本の歴史から、今世界中で起きている問題、そしてこれからについて、お二人の話が進む。それにしても解剖学の教授だった養老先生は何から何までお見通しと言ったスーパーマンのようである。世の中に「本当はどうなの?」と思うことは多いし、マスコミの伝えることも疑わしく思われることの多い中、先生は、単に解剖によって人体の不思議、謎を解明するのみではなく、歴史的、民族的さらに文化といった多方面から人そのものに言及して、まさに心理を理解されているように感じる。読後感はそれぞれでしょうが是非一読をお勧めしたい。(S)

本の展示コーナー

袋井図書館 一般書 「人類の英知にふれる!ノーベル賞受賞者の本」
児童書 「クリスマス・ふゆのほん」
YAコーナー 「作ってみよう!かわいい小物特集」
浅羽図書館 一般書 「著名人が影響を受けた本」
児童書 「いろんなおしごとのほん」
月見の里学遊館図書館分室 一般書 「年末年始の本」
児童書 「くりすますのほん」

伝えたい袋井のあゆみ(第80回)

御霊信仰と袋井8  御霊会のはじまり

前回は御霊を鎮めるための法会(ほうえ/仏教行事)が、天台宗を開いた最澄により、比叡山で弘仁4年(813)に行われ始め、朝廷も都に疫病が流行ったことをきっかけにして、その元凶が政変により命を奪われ、怨霊になった魂だと考え、平安京の神泉苑という龍神の棲む池を中心とした大庭園で、貞観5年(863)5月20日に6人の御霊を鎮める法会を行い、これが京都の洛中に現存する上御霊神社・下御霊神社に繋がることを紹介した。

神泉苑では貞観11年(869)に池の南端に66本(当時の律令制度の国の数)の鉾を立て各国の御霊を祀り、これが現在の京都祇園祭の始まりであると伝えている。

これに対し民衆による御霊信仰の古い形を伝える、「やすらい祭」(夜須礼(やすらい)」「鎮花祭」「やすらい花」ともいう)という行事が今も京都市の紫野や上賀茂など洛北の四地区に伝承され毎年4月に行われている。

桜の花が散る頃、疫神は花の精にあおられて、いたずらをして回り、疫病を引き起こすと考えた。そこで人々はたくさんの生花で飾られた大きな赤い花傘(はながさ)を作り、その廻りで「しゃぐま」と呼ばれる赤毛・黒毛の鬼たちが、笛や太鼓のお囃子(はやし)に合わせて、長い髪を振り乱しながら「やすらい花や」の掛け声とともに踊り、洛中の悪霊や御霊を花笠に集めて廻り、最後は厄神を祭ったことに始まる今宮神社に巡行して終わる。

おそらく御霊はそこに納められ、疫神として祀られるのであろう。悪神も手厚く祭られることにより、善神に変わるという発想だ。やすらい祭は鎮花祭(ちんかさい)という「はなしずめの祭り」の一種で、見物に訪れた人々は踊りの合間に競って花笠の中に入り厄を祓っていた。(山)


詳しく知るには!
「鎮花祭」をキーワードにして、詳しく調べることができます。
袋井図書館2階の郷土資料室には『神道史大辞典』(R170 シ)、『神道大辞典』(R170 シ 1~3)など、学習のための基本文献が揃っています。

新着本からピックアップ!

どの図書館でも借りられます。但し、取り寄せとなる場合があります。

一般書
『「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本』 杉山 崇/著 (146.8 ス)
『国分寺の誕生』 須田 勉/著 (185.9 ス)
『南極大陸完全旅行ガイド』 ダイヤモンド・ビッグ社/出版 (297.9 ナ)
『覚えておきたい総理の顔』 本間 康司/著 (312.1 ホ)
『マイナス金利でも、お金はちゃんと増やせます。』 大江 英樹/著 (338.1 オ)
『65歳で人生を変える』 本岡 類/著 (367.7 ロ)
『子どもの心の育てかた』 佐々木 正美/著 (379.9 サ)
『体感!海底凸凹地図』 加藤 義久/監修 (452.8 タ)
『外来種は本当に悪者か?』 フレッド・ピアス/著 (468 ピ)
『浜内千波の炊飯ジャーでおかず革命』 浜内 千波/著 (596 ハ)
『薬味食堂』 尾田 衣子/監修 (596 ヤ)
『定年就農』 神山 安雄/編著 (611.7 カ)
『柿づくし』 浜崎 貞弘/著 (628 ハ)
『ごめんじゃすまない!自転車の事故』 岡田 正樹/著 (681.3 オ)
『バカ田大学講義録なのだ!』 泉 麻人/著 (726.1 バ)
『オライオン飛行』 高樹 のぶ子/著 (F タ)
『日本から城が消える』 加藤 理文/著 (N521.8 カ)

児童書
『隅田川の妖怪教室』 隅田川妖怪絵巻PROJECT/編 (388 ス)
『子どものうちに知っておきたい!おしゃれ障害』 岡村 理栄子/監著 (494 オ)
『どうなっているの?だんめん図鑑』 断面マン/製作・監修 (500 ダ)
『すごいぞ!甲子園の大記録』 講談社/編 (783 ス)
『暗号学』 稲葉 茂勝/著 (809 イ)
『小学生のまんが類語辞典』 学研辞典編集部/編 (814 シ)
『はんぶんのおんどり』 ジャンヌ・ロッシュ=マゾン/さく (953 ロ)
『ままです すきです すてきです』 谷川 俊太郎/ぶん (E マ)

視聴覚資料
(CD)『ベストセレクション Ⅰ(1971~1994)』 五木 ひろし (D21 イ 1)
(CD)『ウィ・シング。ウィ・ダンス。ウィ・スティール・シングス。』 ジェイソン・ムラーズ/歌手 (D24 ム)

図書館からの情報

資料検索・予約
よくあるご質問
図書館カレンダー
本文へとびます メインメニューへとびます
このページのトップへ