袋井市立図書館
文字のサイズ 小 中 大
2016年10月号:図書館だより

いざ、読書。 2016年第70回読書週間(10/27から11/9)

10月27日(木曜日)から11月9日(水曜日)は読書週間(11月3日の文化の日をはさんで2週間)です。また、「読書週間」が始まる10月27日は、「文字・活字文化の日」です。 

秋の夜長、読書を楽しみませんか。

●期間中、袋井市キャラクター「フッピー」のしおりを差し上げます。(なくなり次第、終了します)

法律セミナー「知っておきたい"相続"のはなし」

いざというときのために知っておきたいことについて、講師の弁護士が、オンラインデータベースの法情報を交えて分かりやすく説明します。

演題 法律セミナー「知っておきたい"相続"のはなし」
講師 中島 直美 弁護士
 弁護士法人長野法律事務所(浜松市・静岡県弁護士会)在籍

岡 直人
 第一法規株式会社
日時 11月5日 土曜日 午後1時30分から午後3時30分
袋井図書館 2階視聴覚室
定員 20人(事前申し込み制:先着順)
参加費 無料
申込方法 館、電話、FAX(参加申込書はホームページからダウンロードできます)、メール(メールの場合は住所、氏名、電話番号をご記入ください)

※お申込みいただいた情報は、講演参加申し込みの目的以外には使用しません。

PDFファイル 袋井市立図書館法律セミナー:ちらし(PDFファイル:318KB)
申込受付 10月14にち 金曜日 午前9時30分から
問い合わせ・
申込み
袋井市立袋井図書館
電話 0538-42-5325
FAX 0538-45-0569
Eメール fukuroitosyokan@city.fukuroi.shizuoka.jp

蔵書点検にご協力いただき、ありがとうございました。

蔵書点検の期間中、市内3館の蔵書約30万冊の配列を正しくし、資料と所蔵データの確認作業をいたしました。今後とも、皆様が必要とされる資料を迅速、確実に提供する体制を整え、サービスの充実に努めてまいります。
皆様のご利用をお待ちしております。

浅羽図書館からお知らせ

11月6日(日曜日)に行われる「袋井市ふれあい夢市場」に浅羽図書館も参加します。当日は、「図書館クイズラリー」「本のリサイクル市」を開催します。お誘いあわせのうえ、ぜひ、お越しください。

なお、図書館駐車場も「夢市場」の駐車場として使用するため混み合います。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

駐車場は夢市場駐車場(浅羽支所、メロ―プラザ等)もご利用ください。

来年度受け入れ希望雑誌アンケート

図書館に入れてほしい雑誌(誌名・分野)がありましたら図書館だよりのアンケート用紙にご記入いただき、図書館受付にある「アンケート回収箱」に入れてください。

なお、図書館で必ず購入することをお約束するものではありません。今後の参考とさせてい
ただくものですので、ご了承ください。
締切:平成27年10月31日(日曜日)

おうちでよみたいおすすめえほん

『パンやのくまさん』
(フィービとセルビ・ウォージントン/作・絵 まさき るりこ/訳 福音館書店/出版)

パンやのくまさんは、朝とても早く起きてパンの仕込みをします。パンが焼きあがると、半分を店に並べ、半分を車に積み込んで売りに出かけます。パンが売れると次は店番です。

パンやのくまさんの生活がほのぼのとした文と絵で描かれています。なんでもないくまさんの1日ですが、子どもの心を惹きつけます。他の職業についているくまさんシリーズの中の1冊です。どれも小さな絵本にくまさんの愛らしさが詰まっています。(3歳から)

小学3年生からのおすすめ本 この本、読んでみーよぉ!

『小さな山神スズナ姫』
(富安 陽子/さく・え 飯野 和好/訳 偕成社/出版)

山々をおさめる偉大な山神、喜仙大巌尊(きせんおおいわおのみこと)の一人娘のスズナ姫はもうすぐ300才。でも、お父さんは「スズナ姫は小さいのだから、一人で外に出てはいけないよ。」といってスズナ姫を外に出してくれません。そんな毎日にがまんができなくなったスズナ姫は、自分と同じ名前の「スズナ山」を一日で紅葉させることができたら一人前の山神と認めてもらう約束を取り付けます。

明るく元気で、へこたれないスズナ姫が、スズナ山のキツネたちと一緒に山の紅葉に挑みます。(続編あり)(3年生くらいから)

図書館職員おすすめの1冊

『考えすぎた人 お笑い哲学者列伝』
(清水 義範/著 新潮社/出版)

ソクラテス・プラトン・アリストテレス・デカルト・カント・・・目にするだけで頭がクラクラしてきそうですが、これらの哲学者(変人?)の断片を著者の笑いのセンスで紹介しているユーモア小説です。社会科の授業でこれらの人の名前を耳にしても、ちんぷんかんぷん。でも、この本では「エ~こんな人なの~」「奇妙な思考回路!!」と、クスクス笑ってしまいます。文体も会話形式・落語形式・??形式・テレビドラマ風とバラエティーに富んでいて楽しめます。哲学解説書ではありませんので、ご安心を!(Y)

本の展示コーナー

袋井図書館 一般書 「世界のいろんな道 ~東海道四百年祭記念」
児童書 「図書館のおはなし会でよんだ本」
YAコーナー 「日本の伝統工芸特集」
浅羽図書館 一般書 「おいしい!から始まる健康づくり」
児童書 「のりもの・たびのほん」
月見の里学遊館図書館分室 一般書 「毎日甘い、スイーツの本」
児童書 「まほうの本」

伝えたい袋井のあゆみ(第79回)

御霊信仰と袋井7  御霊会のはじまり

祇園祭に代表される夏の御霊会シーズンが終わったので、再び原点に戻り御霊会のはじまりについて説明しよう。

これまで御霊に関する史料上の初出は、『日本三代実録』の貞観5年(863)5月20日の条で、平安京神泉苑において、我が国初の御霊会が催された事が記されている。

ところが近年の研究により、これを半世紀遡る弘仁4年(813)6月に御霊会の先駆となる法会が、天台宗を開いた最澄により比叡山において行われていることが明らかとなった。これは平安京の始まりとともに、国家行事として御霊会(信仰)が始まったことを示している。

当時は、政変により命を奪われ、怨霊となった魂が様々な災害を引き起こす元凶と考えており、大いに恐れられていた。そこで、これらを手厚く祀ることにより、仏法の守護神となることを期待した。背景には怨霊転じて護法善神となるという思想が存在している。 

貞観5年5月に行われた御霊会では崇道天皇(早良親王/さわらしんのう)、伊予親王、藤原夫人(藤原吉子)、橘大夫(橘逸勢/たちばなのはやなり)、文大夫(文室宮田麻呂)、観察使(藤原仲成もしくは藤原広嗣)の魂を祀ったもので、六所御霊と呼ばれている。

この祭神を社殿で恒常的に祀ったのが上御霊神社・下御霊神社の二社である。両社ともに戦乱や焼失によって移転したが、上御霊神社は京都市上京区上御霊前通烏丸東入上御霊竪町に、下御霊神社は京都市中京区寺町通丸太町下ル下御霊前町に所在している。 

下御霊神社は、現在は御所の東南隅に位置し、祭礼時には神輿が御所内に渡御し、公家衆の守護神となっていた。祭神のうち、三筆の一人として著名な橘逸勢は、市内山梨地区と深い関わりを持っているが、これについては、後に詳しく紹介することになる。(山)


詳しく知るには!
御霊信仰に関して理解を深めるには『民衆宗教史叢書 第5巻 御霊信仰』(387 ミ 5)が、通史的な理解には『岩波講座日本通史 第5巻 古代5』(210.1 イ 5)が参考になります。

新着本からピックアップ!

どの図書館でも借りられます。但し、取り寄せとなる場合があります。

一般書
『笑いとユーモアの心理学』 雨宮 俊彦/著  (141.6 ア)
『美しい日本の百名山』 PIE BOOKS/編著 (291.0 ウ)
『しずおか妖怪・奇談を訪ねて』 静岡新聞社  (291.5 シ)
『世界の法律情報』 阿部 博友/編著 (320.7 セ)
『口ベタ、あがり症、人見知りのための「質問」で会話を盛り上げる方法』 渡瀬 謙/著  (361.4 ワ)
『検証熊本大地震』 日経アーキテクチュア/編 (369.3 ケ)
『世界に一つだけの深海水族館』 石垣 幸二/監修 (480.7 セ)
『野生動物の餌付け問題』 畠山 武道/監修  (482.1 ヤ)
『昭和なくらし方』 小泉 和子/著 (590.2 コ)
『お気に入りを長く着る衣類のお手入れ』 中村 安秀/監修 (593.5 オ)
『日本の色』 桜井 輝子/著 (675 サ)
『猫つぐらの作り方』 誠文堂新光社/編 (754 ネ
『国連でも通じる世界の非ネイティブ英語術』 谷本 真由美/著 (830.4 タ)
『自然が答えを持っている』 大村 智/著 (914.6 オ)
『柳屋商店開店中』 柳 広司/著 (F ヤ)

児童書
『ハッブル』 家 正則/著 (289 ハ)
『投票に行きたくなる国会の話』 政野 淳子/著 (314 マ)
『根っこのえほん 1』 中野 明正/編著 ( 471 ナ 1)
『ぜんぶわかる!トンボ』 尾園 暁/著 (486 オ)
『江戸を楽しむ!絵ときなぞなぞ』 岩崎 均史/監修 (721 エ)
『ダンボールで作るおもしろ自動販売機』 大野 萌菜美/監修 (754 ダ)
『心にのこるオリンピック・パラリンピックの読みもの 1』 大野 益弘/監修 (780 コ 1)
『日本語あそび学』 稲葉 茂勝/著 (807 イ)
『きかせたがりやの魔女』 岡田 淳/作 (913 オ)
『おまたせクッキー』 パット=ハッチンス/さく (E オ)

視聴覚資料
(CD)『ファンが選んだベストアルバム』 山内 惠介 (D21 ヤ)
(CD)『YELLOW DANCER』 星野 源 (D22 ホ)

図書館からの情報

資料検索・予約
よくあるご質問
図書館カレンダー
本文へとびます メインメニューへとびます
このページのトップへ