袋井市立図書館
文字のサイズ 小 中 大
2016年4月号:図書館だより

調べたい新聞記事や法令などを検索できます。

図書館に設置してあるパソコンで、「静岡新聞データベースplus日経テレコン」と「第一法規法情報総合データベース」をご覧いただけます。日々の暮らしからビジネスまで、是非お役立てください。詳しくは受付でお尋ねください。

●「静岡新聞データベースplus日経テレコン」
記事検索で、静岡新聞は1988年3月以降、日本経済新聞は1981年10月以降の記事を検索できます。

「第一法規法情報総合データベース」
国内法令約12,000件、告示約19,000件の現行法令、判例及び法律判例文献情報を見ることができます。 

お知らせ。

袋井図書館では、4月19日火曜日から予約資料(図書・視聴覚資料等)の貸出連絡専用電話を設置します。
電話番号は、0538-84-6700です。
電話での連絡を希望されている皆様へは、この番号からお知らせいたしますので、ご承知おきください。

図書館からのお願い。

お引っ越しなどで住所、電話番号が変わりましたら図書館へお知らせください。

こどもの読書週間特別企画 ストーリーテリングの会

日時 4月29日金曜日 午前10時30分から午前11時
会場 浅羽図書館 2階視聴覚室
案内 おはなしを聞ける方ならどなたでも。
大人の方も、ぜひ、ご参加ください。
事前申し込みは不要です。

※ 袋井図書館でも、5月22日日曜日 午後2時から行います。

2016・第58回こどもの読書週間

『こどもの読書週間』は4月23日(世界本の日・子ども読書の日)から5月12日です。
また、4月23日は「子ども読書の日」です。「こどもの読書週間」は1959(昭和34)年、子どもたちにもっと本を、子どもたちにもっと本を読む場所を、との願いから誕生しました。身近な子どもさんと読書を楽しむほかにも、大人が子どもの読書のためにどんなことができるのかを考えるきっかけになることを願っています。

こどもの読書週間記念
期間中、図書館受付にてしおりをプレゼントします。先着順です!!

袋井図書館で、対面朗読サービスを開始します。

対象 視覚障害のある方など、活字を読むのに不自由のある方
開催日 毎月第2木曜日
時間 午後1時30分から、お一人30分~1時間程度

●ご希望の方は、希望月の第1木曜日(一週間前)までに袋井図書館へご連絡ください。
●希望者多数の場合、実施日等を調整させていただくことがあります。
●この事業はボランティアグループ「みずのわ」会員のご協力によるものです。

おうちでよみたいおすすめえほん

『きみなんかだいきらいさ』
(ジャニス・メイ・ユードリー/ぶん モーリス・センダック/え こだまともこ/やく 冨山房/出版)

くるくるクッキーを分け合ったり、一緒に水ぼうそうにかかったりした、いつもなかよしのぼくとジェームズ。でも、今日はちがう。ジェームズなんかだいきらい。ジェームズはいつだっていばりたがるし、クレヨンも貸してくれない。

仲良しの友達とけんかをしてしまう時の幼い子どもたちの心理をユーモラスな絵とともに的確に描いています。もちろん、最後は仲直り。きっと前より仲良しになっているはずです。(5~6才から)

小学3年生からのおすすめ本 この本、読んでみーよぉ!

『がんばれヘンリーくん』
(ベバリイ・クリアリー/作 ルイス・ダーリング/絵 松岡 享子/訳 学研/出版)

ヘンリーくんは小学3年生のふつうの男の子。6さいの時に、へんとうせんの手術をしたのと、7さいの時にうでを折ったことをぬかせば、ヘンリーくんの身の上にはたいしたことはおこっていませんでした。

ところが、ある日、ヘンリーくんは、やせこけた犬を拾い、こっそりバスに乗せて家までつれて帰ろうとします。しかし、途中で犬があばれだして大騒ぎ。
それ以来、ヘンリーくんのまわりでは、つぎつぎにゆかいな事件がおこります。

図書館職員おすすめの1冊

『螢(蛍)川 泥の河』
(宮本輝/作 新潮社/出版)

去年、今年と2年続けて大阪に訪れる機会があり、大人になって○十年大阪を訪れなかったことがもったいなかったと思っている。昨年3月に大阪を訪れる際にガイドブックを見ていて、『泥の河』の舞台が大阪だと知った。当地の書店を訪ねたらやはり店頭に置かれていて旅のおみやげを兼ねて購入。

『蛍川』も大阪がキーワードとなっている。宮本輝は「蛍川」で'78年(1977下半期)芥川賞を受賞していることをこれを読んで知り、「芥川賞作家」が注目を集めているが「純文学」について考える機会にもなった。
大阪駅から歩いて10分足らずで中之島に着く。この本の時代である戦後すぐの雰囲気を想像しながら、朝ドラにもゆかりの土佐堀川周辺など水都・大阪を歩くのは楽しい。(T)

本の展示コーナー

袋井図書館 一般書 「さあ春だ!~春にはじめたいこと~特集」
児童書 「この本よんだよどの本よもうか特集」
YAコーナー 「身近な乗り物特集」
浅羽図書館 一般書 「世界自閉症啓発デーにちなんで」
児童書 「おはなし会でよんだ本」
月見の里学遊館図書館分室 一般書 「いろいろお金の本」
児童書 「いぬとねこの本」

伝えたい袋井のあゆみ(第73回)

御霊信仰と袋井1 祇園

今回から新たに、袋井に伝わる多様な御霊信仰(ごりょうしんこう)の様相を紹介する。「御霊信仰」と一口に言っても、何のこと?と思われるだろうから、まずは言葉の説明から入らせてもらう。

平安時代の初め頃(9世紀)のこと、政争に巻き込まれて非業の死をとげた者の霊は怨霊(おんりょう)となってさまよい、祟りをなすと信じ恐れられ、それを「御霊」と呼んだ。

浮遊する御霊を手厚くもてなし、祟りを封じ込めようとする仏教法会を「御霊会(ごりょうえ)」と言い、平安京の神泉苑(しんせんえん)という竜神を祀った苑地を会場に貞観5年(863)に朝廷の手で初めて行われた。法会だから執り行ったのは、真言・天台の密教僧である。

我が国古来の神々への信仰は自然崇拝から始まるので、農耕に欠かせない水源や形状の美しい山を崇めたり、雷などの自然現象を神として崇拝したりするもので、そこには、個人の霊を祀り、救済するという要素が欠落していた。

それに応えたのが仏教であった。怨霊は社殿を建て、食事を施すことによって和み、鎮まり、やがては、崇敬する者を加護する御霊神となる。

貞観5年の御霊会は都で猛威を振るっていた疫病の原因とされる「霊座六前(れいざろくぜん)」と言われた6名の冤魂(えんこん/無実の罪で死んだ者の霊)を慰めるために行ったものだ。

その6名の中には、市内山梨にあったと考えられる、板築駅(いたつきえき)で亡くなった三筆の一人、橘逸勢(たちばなのはやなり)の御霊も含まれていた。これが山梨の祇園のルーツにつながる。

市内には各地に津島神社、牛頭天王(ごづてんのう)神社、八雲神社など祇園系の神社や祠が設けられ、三川地区ではお盆に朝長公御祭礼(ともながこうごさいれい)が執り行われるというように、多様な御霊信仰の姿を見ることができ、これらを都との繋がりに留意しながら順次紹介しよう。(山) 


※袋井市内や静岡県内のことを調べたいときは、郷土資料コーナーをご覧ください。
(袋井図書館は2階にコーナーがあります。)
不明な点は、職員までおたずねください。

新着本からピックアップ!

どの図書館でも借りられます。但し、取り寄せとなる場合があります。
図書館の本は、ホームページからも検索・予約ができます。

一般書
『「なるほど!」とわかるマンガはじめての噓の心理学』 ゆうき ゆう/監修 (141.6 ナ)
『しずおか開運ご利益めぐり』 静岡新聞社/著 (175.9 シ)
『真田氏三代』 笹本 正治/著 (288.3 サ)
『明治の建築家伊東忠太オスマン帝国をゆく』 ジラルデッリ青木美由紀/著 (289.1 イ)
『新自治会・町内会モデル規約』 中田 実/著 (318.8 シ)
『WEDDING IDEAS BOOK』 岡村 奈奈/著 (385.4 オ)
『科学者、あたりまえを疑う』 佐藤 文隆/著 (404 サ)
『幸せを引き寄せる笑顔の法則』 斎藤 一郎/著 (498.3 サ)
『『農業女子のおうちごはん』 「農業女子プロジェクト」料理部/著 (596.3 ノ)
『和家具をたのしむ』 山本 明弘/著 (597 ヤ)
『江戸あきない図譜』 高橋 幹夫/著 (672.1 タ)
『<英語・中国語・韓国語>接客のお決まりフレーズ600』 語研編集部/編 (673.3 エ)
『「爆買い」後、彼らはどこに向かうのか?』 中島 恵/著 (689.2 ナ)
『粘土でつくるまんまるかわいい小鳥』 ヨシオ ミドリ/著 (751.4 ヨ)
『幻の東京五輪・万博1940』 夫馬 信一/著 (780.6 フ)
『レポート・論文をさらによくする「書き直し」ガイド 佐渡島』 紗織/編著 (816.5 レ)
『息子に贈ることば』 辻 仁成/著 (914.6 ツ)
『プラハの墓地』 ウンベルト・エーコ/著 (973 エ)
『軽薄』 金原 ひとみ/著 (F カ)

児童書
『「大村智ものがたり』 馬場 錬成/著 (289 オ)
『もっと知りたい!話したい!セクシュアルマイノリティ 1』 日高 庸晴/著 (367 ヒ 1)
『保育士の一日』 WILLこども知育研究所/編著 (376 ホ)
『よくわかる知的財産権』 岩瀬 ひとみ/監修 (507 ヨ)
『ルルとララの手作りSweets 春のお菓』 あんびる やすこ/監修 (596 ル)
『ゆうかんな猫ミランダ』 エレナー・エスティス/作 (933 エ)
『ウォーリーと16人のギャング』 リチャード・ケネディ/ぶん (933 ケ)
『あーそーぼ』 やぎゅう まちこ/さく (E ア)
『ぼちぼちいこか』 マイク=セイラー/さく (E ボ)

図書館からの情報

資料検索・予約
よくあるご質問
図書館カレンダー
本文へとびます メインメニューへとびます
このページのトップへ