袋井市立図書館
文字のサイズ 小 中 大
第7回 袋井宿7 どこまでが袋井宿?

今回で、7回にわたって紹介した袋井宿は一度、終わりにします。

では、最後に、一体「袋井宿」とはどこからどこまでを指すのか、御案内しましょう。

一般に袋井宿は東西五町十五間といわれ、メートルに換算すると、570メートルになり、1843年(天保2)には街道の両側に195軒の家が並ぶ範囲のことを指しました。

実際には東西二つの「御料傍示杭」という杭が設けられており、これによって宿場の範囲は明確に別けられています。つまり、この杭と杭の間が「袋井宿」なのです。絵図を見ると、街道に沿って家並は、すきまなく続くけれども、東側の杭の外側は袋井村、西側の杭の外側は川井村として別けられています。

イメージとしては、街道に沿って家がすきまなく並ぶ町場の景観を漠然と「宿場」と呼ぶのだと、私も理解していたのですが、大きな間違いでした。(山)

参考文献

『東海道分間延絵図』 (R291 ト 10)

※袋井市の歴史を調査研究の場合は袋井・浅羽図書館の郷土資料コーナーをご利用下さい。

図書館からの情報

資料検索・予約
よくあるご質問
図書館カレンダー
このページのトップへ